林家うん平師匠 笑運会 新年会

林家うん平師匠とはかれこれ20年近いお付き合いになります。

歳を重ねて良いことは、懐かしい思い出が増えること。

うん平師匠との懐かしい思い出の一つです。

落語とJazz@Satin Doll(音が出ます)

古典落語「お菊の皿」完全オリジナル版
番長更屋敷で知られている お菊さん従えるジャズバンド この時は、興行主がついてアメリカに公演に行ったシチュエーションになっています。
最近は、お菊さんParisへ行くバージョンになっております。学校公演も行きました。栃木の公演会もお邪魔させていただきました。
年に一度やるかやらないかの興行。そして、あまりによく作り込んだので、次の作品がなかなか出来ません。
オリジナルの作品を作るには、エネルギーと時間とお金がかかります。
今では、うん平師匠との宝物です。

さて、そのうん平師匠が昨日、表参道にある「港ーマス/mina-thomas」という大正ロマンの香のする素敵なお店で
新年会を企画されて、にピアニストで呼んでいただきました。
今回の新年会企画はピアノで歌ってしまおう!
という企画でした。

落語家さんの応援をされている方々は、やっぱり粋な方ばかり。
ちょっと普通の方とは違って、皆さん芸達者というか、よく心得ていらっしゃるというか。
うん平師匠の司会も小気味よく、おしゃれな新年会でした。
そして、うん平師匠の心配り気配りはいつも脱帽です。

うん平師匠との落語とジャズライブ 滅多にありませんが
企画したらご案内しますので、その時は是非笑いにいらしてくださいませ。